ダイバーシティ「”障がい者雇用についての研修・けあさぽーと農園見学”イベントを開催しました」在宅介護から居住系サービスまで介護のことならケアサポート

お問い合せと資料請求
文字の大きさ 標準 大
048-640-1765

ダイバーシティ「”障がい者雇用についての研修・けあさぽーと農園見学”イベントを開催しました」

2019/06/14ケアサポート

ケアサポート株式会社では、ダイバーシティ推進プロジェクトを発足し、職員が皆、より働きやすい環境を作れる様、活動しています。
 
先日、ダイバーシティ推進プロジェクト主催「”障がい者雇用についての研修・けあさぽーと農園見学”イベント」を開催しました。
けあさぽーと農園についてもっと知りたい!という職員を募り、けあさぽーと農園を訪問し、研修や作業の体験を行いました。
 
イベントの様子をご紹介いたします!
 
けあさぽーと農園に到着後は、まず、障がい者雇用について研修を行いました。
「障がい者雇用」について、聞いたことはあるが詳しくは知らない、という職員も多く、ケアサポートや日本全体の障がい者雇用への取り組みや、課題を学ぶことができました。
 
 
 
研修後は、けあさぽーと農園のスタッフも交え、昼食交流会を開催しました。
一人ずつ自己紹介をし、職場や業務の話をするなど、とても新鮮な時間となりました。
 
 
 
昼食後はハウスに移動し、ケアサポート農園の特徴の説明、栽培中のお野菜の説明等を聞きました。
参加者は、農場長の知識の多さに驚いていました。
 
説明を受けた後は、アブラムシの除去作業や作付け作業を体験しました。
とても細かくて、地道な作業の為、日々行っているけあさぽーと農園スタッフを尊敬する声もみられました。
 

 
最後はけあさぽーと農園スタッフから参加者へ、えごまの葉とトウガラシの苗を一人一人手渡しでプレゼントされ、和やかな雰囲気で閉会しました。
 
普段、顔を合わせることはなかなかありませんが、同じケアサポートの仲間として、一人でも多くの職員にけあさぽーと農園について知ってもらうことができ、充実した時間となりました。
 
今後もケアサポート株式会社のダイバーシティ推進プロジェクトは、様々な活動やイベントを企画していきたいと考えております。