一般事業主行動計画 在宅介護から居住系サービスまで介護のことならケアサポート

お問い合せと資料請求
文字の大きさ 標準 大
048-640-1765

一般事業主行動計画

社員が仕事と子育てを両立することができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

平成28年4月1日~平成30年3月31日

2. 当社の課題

(1)男女別の平均勤続年数に差は見られないが、正規社員の女性割合と比較し、管理職割合が低い。

(2)男女がともに子育てをしながら働き続けることを支援する職場風土となっているとは言えない。

3. 目標と取組内容

目標1: 管理級(所長/副所長・チーフ)に占める女性比率を50%以上とする。

<内容> 平成28年4月~ 「キャリアプランを描く懇親会」開催について検討する。
平成28年7月~ エリア単位での「キャリアプランを描く懇親会」を開催。ロールモデルとなる女性社員を講師として招き、定期的にエリア単位での懇親会を開催する。
女性社員のネットワークの構築を図る。
平成29年4月~ 女性社員を対象にした管理職育成研修プログラムの検討、実施。

目標2: 男女がともに子育てをしながら働き続けることを支援する職場風土醸成を図る。

<内容> 平成28年4月~ 「子育てをしながら働き続けるためのガイドブック」内容を検討。
平成28年6月~ 社員へアンケート調査を行い、社員の意識、現状を把握する。(毎年)
平成28年8月~ 調査を踏まえ、課題分析と改善策の実行。
ガイドブックを発行、社員へ配布。各事業会議にて活用を促す。
平成28年10月~ 社内報を通じてアンケート結果をフィードバック。男女がともに子育てをしながら働き続けることを支援する職場風土づくりへの意識啓発。以降、産前産後休業・育児休業・育児短時間勤務・再雇用等制度の周知を図る。

目標3: 男性の子育て目的の休暇の取得を推進する。

<内容> 平成28年4月~ 社内規程を改定し、育児休業を一部有給化することにより取得向上を図る。
平成28年5月~ 管理職を対象に制度の周知、男性の育児休業取得への理解のための研修を実施。配偶者が出産予定の男性社員に管理職より制度説明、取得の呼びかけ行う。

目標4: 有休取得率を85%以上とする。

<内容> 平成28年4月~ リフレッシュ休暇 (計画的有休休暇付与)の取得計画表の集計。
平成28年5月~ 提出された取得計画表を確認し、取得予定の無い職員に対し取得を促す。
平成29年4月~ 前年と同様、リフレッシュ休暇の取得率向上に取組む。